買ったもの

品名 HID
メーカー 不明
購入価格 14,480円(H4) 12,480円(H3)(ヤフオク)
2009年1月


なんとなく憧れとったHID!
いや〜、
当然ながら明るい!!
ほんでもって、

白い!!


ケロヨンが導入したのは、
ヤフオクのこちらの
H4(HI⇔LOW) 55W 6000K
H3 55W 3000K


決め手は
3年保障で、本当に保証している実績が「みんカラ」にのってたこと、
55Wで薄型バラスト!
完全防水!


みんな気になる
品質・保証は?
から
まず、保証についてじゃけど、GOODじゃった!
実は、正常に作動しとって、
しばらくしたら、片方がつかんくなってしもうて、
バーナー⇒異常無し
バラストまでの電気⇒来てる
ってことで、
バラストが壊れたみたい!!
ってメールしたら、すぐに新品バラストを送ってくれました!!
対応もGOOD!!

でも、バラストが壊れちゃダメじゃんと思ったあなた!!

・・・・

実は・・・アース不良でした・・・。


ショップの方、ごめんなさい・・・

やっぱり中国製の潜入感があったけん、
即、商品のせいにしてしもうた・・・


ほんでバラスト!
薄型!
オークションの写真通り、確かに薄い!!
が・・・なんじゃこりゃ?!
黒い箱・・・
こっちが
デカイじゃん!!
まぁ、詳しくは取り付けで〜。

国産?国内メーカー?の
5万とかする、高いのを付けたこと無いけん、
差は良く分からんけど、
使用1ヶ月、60時間点灯で全く不満無し!!



さて、詳しいインプレじゃけど、
色は、写真じゃ難しいけど、55Wってこともあるのか、
狙い通り、6000Kで青みは殆ど無し!!
ほぼ、純白!!(写真は青みが増してる様に写ってる)

夜の写真が無くてごめんなさい・・・。
色が実際に近い写真は右上かな?とにかく、白い!
ほんで、
明るい!!
てか、見やすい!!

ケロヨンのレンズはカットが入ったタイプで、
しかも、ニコニコシールも貼ってある状態、
それでも、ハロゲンの純白タイプとは、桁違いに見やすくなって楽になった〜!

点灯から、色が完全に安定するまで、5秒くらいかな?
遅く聞こえるけど、全然気にならんね〜。

写真は無いんじゃけど、
HIビームにすると、近い所が暗く感じますな〜。
まぁ、めったにHIビームにせんけ〜いいんじゃけどね(笑)



おまけで、
フォグランプ!!
H3 55W 3000K

ケロヨンオーナーはフォグランプを
フォグランプとして使用するタイプなので、
絶対的に黄色!!
レジャー使用で、全天候型を目指すケロヨンは
フォグランプ必須!
実家は盆地で冬はメチャメチャ霧が出る、
ボタン雪の吹雪の高速道路の恐怖!
ヘッドライトは路面を照らさず、
雪と霧を照らして
視界は真っ白!!

の、
恐怖を何度か味わっておりまして、
そんな時、光量タップリの黄色フォグを点灯して、
ヘッドライトを消すと、
雪、霧は照らさず、
路面だけが、はっきり浮び上がって、
本気で幸せになるのじゃ〜!
(本気の霧になると、ヘッドライトが逆に邪魔になるのじゃ〜
(ケロヨンオーナーの感覚では・・・))
夜の写真がなくてナニじゃけど、
本気で明るい!!
ヘッドライト並み!
きっと来るべき時に活躍してくれるはずじゃわい!


まずすることは無い同時点灯↓






2012年2月(3年1ヶ月後)

保証期間が1ヶ月過ぎた時・・・
リレーがお亡くなりになりました・・・
バラスト、バーナーは元気な状態じゃけど、
汎用リレーだと、
Hi、Low、2個のリレーが必要になるんで、
金額的にも
6000円でまた安物のフルセットを購入(笑)
今回はリレーレスタイプ(笑)
仕様は前回と同じHi,Low切り替えの55Wタイプ
さて・・・何年もつかな???(笑)




取り付け〜

リトラじゃなけりゃぁ、きっと取り付けは簡単なんじゃろうけど・・・
ちなみに配線図

常時電源を取ってきて
純正のヘッドライトのコネクターからの信号を取って、
バラストたちを噛まして、バーナーへ




薄型バラストは助かるんじゃけど、
黒い箱がデカイし、バラストから直結で、太くて硬いコード・・・
黒い箱から、バーナーまでは、普通の柔らかいコードじゃけど、
長さが、もう少し足らず、
バラストと黒い箱はリトラ内に収めるしか無さそう・・・
(バラスト〜バーナーのコードを自作で延長は可能だと思う(写真の青と赤の配線))
(配線を切る勇気と、バラストの置き場を確保できれば・・・)


まず、常時電源は、エンジンルームのヒューズBOXからとったよん
BOX左にある、BOX固定のボルトを外したら、
指さしとるところに、
バッテリー直結の太いコードがきとるけん
こっからとったわい!

ほんで、純正のライトのコネクターは、
リトラをばらして、
結束を切っていくと、
この位置まで持ってこれたよん


コントロールBOXなるものは、
ラジエター液のタンク奥に隠しこんでやって




じゃーんっ!!

ひたすら、タイラップ止め!!

写真はリトラをと閉じた状態
リトラを開けると、写真で右側の空間は、
ニィョ〜と伸びた鉄のバーに挟まれるので、
そっちに配線が行かないように、しっかりと・・・

タイラップで完璧に固定!
スペース的には、ほぼギリギリ!
もう少し、太くて硬い、黒赤のコードが、
細く柔らかけりゃ、楽なんじゃけどね〜。

時間はかかるけど、
誰にでもできる作業じゃと思うよん!!

あっ!!!

そういえば、
リトラで配線の取り回しが、
普通の車より無駄にかかる分、
左右のライトを繋ぐ配線が、
バンパー内部に隠す余裕が無かったわい・・・
てな訳で、ラジエターファン上を這わせる結果に・・・

因みに、コードのカバーは最初から巻いてあって、
ラッキーな感じ!

主に、フェンダーの死角と、ラジエタータンク裏に配線系は潜らせて、
目立たない感じで終了できたわい!!





で、結構大変だったのが、簡単なはずのフォグランプ・・・

この「IPE」のフォグランプ!
まず、H3のハロゲンなら、鉄でできてるバルブをネジで固定する部分が、
厚さのあるプラスチックになってるので
うまく入らない・・・

このプラスチック部分をニッパーで切って、ヤスリで削って・・・・

更に、バルブの後ろはもともと防水のカバーがついとったんじゃけど、
バーナーの後ろが長くて、
カバーが閉まらず・・・



結果ビニールテープ!!(笑)

大丈夫・・・
でしょう・・・・・・

ダメかな・・・


ほんで、
配線なんじゃけど、
フォグの信号はここにきとるよん
H3は、簡単で、
本来、純正のフォグの配線と、バルブの間に
バラストをかませば良いだけ・・・

しか〜し
ケロヨンの場合、
片方しか点灯しない・・・
しかも、
右が点灯したり、左が点灯したり・・・

電力が足りない?
(55Wゆえ?)

ってことで、
リレーをかましてみました〜


完璧〜!!

やはり電力不足ってことでじゃね〜。
このリレーもフェンダーの死角に隠して、ちょっと防水してみて、
OK!!


部品買う前にクレカ作って大量ポイントゲット↓
モッピー!お金がたまるポイントサイト