買ったもの

品名 ラストプロテクター(電子錆防止機)
メーカー ??
購入価格 12,800円(楽天)


サビが怖くて・・・
殺し文句にやられて買ってしもうた・・・

なんと!
電子の力で車全体のサビを防いでくれるのだ!!・・・

ほんま?
原理は分かっても
よく理由が分からない・・・



なぜ、1.2m以上はなれないといけないんだろう・・・?
電子を絶えず周波・・・?
待機電力ではなくて・・・?



・・・



ほんま?



時計程度の電力も、もったい無いことにならんかの??





ほんま・・・?





実験!!

ちなみに、いつものことながら、
実験は正しいものとは限らず、大きな間違いもありきかもで、
自己満足のためじゃけ〜あしからず、
みなさんは信じないように〜


まず、サビてくれる鉄板を準備


外に放置して、たまに、塩水を霧吹きでかけてやります。


じゃん!


第1のコース
置いただけ


第2のコース
待機で電力通電

LEDのアース側を金具に繋いでます。
かなり微弱な電流が流れてるはず



第3、4のコース
ラストプロテクター

1.2m離すと条件があるので、
超高い抵抗になるけど、針金をボディーの続きとみたたて、
1.5m伸ばして、銅線でバッテリーのマイナスに。
ほんで、最短のユニットと、ラストプロテクター端子の距離も
1.5m以上離してみた。

第4のコースは、見ての通り、周り道じゃわい。
端子から、バッテリーのアースまでの最短路以外も
しっかり防錆してくれるのかの?って感じで。



バッテリーは12V
常時充電


こんな感じで、実験開始!!


・・・



まず ビックリ
は、


一番最初にサビ始めたのは、
なんと、

待機電流の
LEDのマイナス(アース)側に繋いだ端子部分!!
(写真は・・・内緒・・・)

確かに、電流は +→− に流れ
電子は −→+ に流れるはず。


とすると・・・

この端子部分は、LEDに流すために、電子が局地的に奪われる!!
・・・の、だろうか?

だとすれば、サビが出る理由がわかる。




ほんで、

2週間後・・・




気になる?

気になるじゃろ?

かなり、気になるなるじゃろ〜!?



お見せしようじゃないか!!

(あっ!この実験方法で間違いがあると気づいた方はもう見ないで・・・)
(少なくとも自分が納得できる方法での実験なんで・・・)
(条件がありすぎたら、車で本当に効果あるか???じゃしね〜・・・)






じゃ

じゃ

じゃ

じゃーん!!













おーい・・・




左上:置いただけ         
右上:待機電流           
左下:ラストプロテクター(最短 )
右下:ラストプロテクター(周り道)
左上:置いただけ         
右上:待機電流           
左下:ラストプロテクター(最短 )
右下:ラストプロテクター(周り道)










ふ〜ん

12800円・・・・・・




待機電流が少しサビが先行した以外は、
サビの進行はほぼ同時・・・




ふ〜ん



はぁ〜・・・・




取り付け〜



してません・・・


部品買う前にクレカ作って大量ポイントゲット↓
モッピー!お金がたまるポイントサイト